rewritemath's blog

rewritemath’s blog

これマシュマロ。質問も受け付ける(https://t.co/VfNWTuMqau)

たぬきの第28回コンピュータ選手権(略称WCSC28)バージョンの使い方

導入方法を伝えるまでもなく、評価関数とバイナリと定跡がセットで配布されているので、誰にでもすぐに使用できるようになっている。

『the end of genesis T.N.K.evolution turbo type D』(tanuki- 第28回世界コンピュータ将棋選手権バージョン)のバイナリ・評価関数ファイル・定跡データベースです。

 (リンク先から引用)

リンクはこちら

 

github.com

f:id:rewritemath:20180508133815p:plain

 

一番上のものをクリックするとダウンロードが始まります。

↓分からない人は気にしなくてもよい

(評価関数がいままでのものと違うので、とても軽量です。また、探索部は同封されているものでしか動きません)

 

解凍すると中身は以下画像のようになります。解凍が上手くいかない場合はこちらの解凍ソフトをお勧めします

ダブルクリックだけで圧縮ファイルを解凍できるソフト「Lhaplus」 - Windowsにまず入れる定番無料アプリ -2018年版- - 窓の杜

f:id:rewritemath:20180508134136p:plain

SSEとAVX版があるので、ご利用のパソコンに合わせてお選びください。

古いものから順に、

sse2,sse41,sse42,avx2となっています。

tournamentやevallearnの名前のexeは使わない方が多いでしょうから、

新しいほど動作は早いはずです。新しいcpuなら古いものでも動かせます。

 

エンジン登録をすれば動作します。

将棋所はこちらから。エンジン管理の説明を参照していただければ。

将棋所:将棋所の使い方